カジノ・インフォメーション・ビュロー

日本のカジノ開設に向けた動向から、カジノ市場規模・カジノへの行き方まで

HOME > world > 世界のカジノ市場

-

世界のカジノ市場


海外旅行を頻繁にする人でも、カジノがどこにあるのか知らない!という人は多いかもしれません。街の中にギャンブル施設があたりかまわず立地しているのは、日本を含めごくわずかに限られます。もちろん、日本の場合はカジノではなくパチンコですが。では、世界の国々のうち、どこにカジノが多いのでしょうか?どの国に行けば、カジノに出会うことができるのでしょうか?

カジノはどこにあるのか?

カジノは現在、世界の100以上の国・地域で合法化されています。世界最大のカジノ集積地「マカオ」を擁するアジア太平洋地域、カジノ・エンターテイメント都市「ラスベガス」を擁する北米地域が、2大カジノ集積地域となっています。

それ以外にも、欧州の多くの国でカジノが設置されています。ラスベガスやマカオにくらべて、欧州では大型のカジノは少数派です。一つのまちに、1~2,3の小規模なカジノがあるといった程度です。旅行者にとっては、カジノ目的というよりも観光目的でカジノを訪れる、といった使い方がいいかもしれませんね。

カジノ市場の規模は?

世界のカジノ市場は、全体で1700億米ドル(約18兆円)以上あるとされています。最も大きな市場は北米。アメリカとカナダだけで、750億米ドルの市場規模があります。次いで豪州を含むアジア太平洋地域で、こちらも730億ドルを超える規模です。欧州・中東・アフリカはかなり小さく170億ドル程度。南米にもカジノが存在しますが、50億ドル程度の規模となっています。

日本のカジノ市場の規模は、「多くの調査研究では1兆から1.5兆円程度の数字を予測値として挙げるものが多」(*1)くなっているので、欧州全体とほぼ同じ規模ということになるでしょうか。大きい市場ですね。

*1:本気で日本のカジノ市場4兆円の予測でいくのか?(木曽 崇 )

世界のカジノ市場規模(2014年予測:百万USドル)
market_world.png
Source: “Global Gaming Outlook 2011” (PricewaterhouseCoopers)よりCIB Japan作成

market_AP002.pngアジア太平洋地域においては、マカオ以外にはオーストラリアや韓国が主要なカジノ市場国でした。ところが2010年にシンガポールがカジノを合法化し、「マリーナ・ベイ・サンズ」「リゾート・ワールド・セントーサ」の2つのカジノを含む統合リゾート施設が開業。一施設の規模としては、アジアの主要カジノとなりつつあります。マカオのカジノ市場規模は.......

LinkIcon詳しくはこちら

US_market.pngラスベガスで有名な米国のカジノ。でもラスベガスって、日本からは実は少し行きづらいですよね。ロサンゼルス経由で行くのも手間だし、もっと手軽に、観光ついでにカジノにいける場所はないのだろうか?アメリカの全50州のうち、商業カジノの運営が許可されているのは....

LinkIcon詳しくはこちら

europa.png欧州のカジノの規模は、米国・アジアと比べて小さいです。カジノ売上高としては、欧州はアジアの1/5程度。その中で、最もマーケットが大きいのが、フランスです。次いでドイツで、フランスの半分程度の規模。その他、イギリス、スイス・・・と続きます。一方で、カジノが合法化されている国は多く.......

LinkIcon詳しくはこちら

アジア・アメリカ・欧州以外にも、カジノは存在します。例えばアフリカや南米地域。ここでは、そんな秘境カジノを少しだけ紹介します。

LinkIcon詳しくはこちら

-

ページの先頭へ

-

Social






TOP Topic

日本のカジノ候補地

dp_photo_01.jpg「統合型リゾート推進法案(カジノ法案)」が2014年秋の臨時国会で成立する可能性があります。法案成立後、カジノの候補地の選定作業に移っていくわけですが、カジノはどこにできるのでしょうか?現在、日本経済新聞の報道によると....

LinkIcon詳しくはこちら

カジノ開設までのスケジュール

dp_photo_04.jpg今後の法制化等が順調に推移した場合のカジノ開設までのスケジュールを逆算すると、「2022年~23年にかけての開業」というラインが妥当なところと考えます。その理由を.....

LinkIcon詳しくはこちら

カジノ市場規模

カジノは現在、世界の100以上の国・地域で合法化されています。世界最大のカジノ集積地「マカオ」を擁するアジア太平洋地域.....

LinkIcon詳しくはこちら

ページの先頭へ