カジノ・インフォメーション・ビュロー

日本のカジノ開設に向けた動向から、カジノ市場規模・カジノへの行き方まで

HOME > japan > カジノ関連法案

-

日本のカジノ動向


カジノ関連法案

特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律と関連法

特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案審議

2014年秋の臨時国会にて、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案(通称:IR法案、カジノ法案)の審議が始まります。カジノ法案が成立すると、1年以内に関連法が整備されることになります。

ページの先頭へ

カジノ法案(IR法案)とはどんな法律か?

端的にいうと、カジノ法案とは今後のカジノを含む特定複合観光施設(IR施設)の整備に関する基本方針を定めたものです。実際には、関連する実施法が整備されなければ、カジノを含む施設の運営はできません。

カジノ法案の詳細について、ここでは確認しておきましょう。
カジノ法案の全文は、衆議院サイトで確認できます。

特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案

(衆議院)


-


|1|2|3|4|5|6|

次のページへLinkIcon

-

Social






TOP Topic

日本のカジノ候補地

dp_photo_01.jpg「統合型リゾート推進法案(カジノ法案)」が2014年秋の臨時国会で成立する可能性があります。法案成立後、カジノの候補地の選定作業に移っていくわけですが、カジノはどこにできるのでしょうか?現在、日本経済新聞の報道によると....

LinkIcon詳しくはこちら

カジノ開設までのスケジュール

dp_photo_04.jpg今後の法制化等が順調に推移した場合のカジノ開設までのスケジュールを逆算すると、「2022年~23年にかけての開業」というラインが妥当なところと考えます。その理由を.....

LinkIcon詳しくはこちら

カジノ市場規模

カジノは現在、世界の100以上の国・地域で合法化されています。世界最大のカジノ集積地「マカオ」を擁するアジア太平洋地域.....

LinkIcon詳しくはこちら

ページの先頭へ