カジノ・インフォメーション・ビュロー

日本のカジノ開設に向けた動向から、カジノ市場規模・カジノへの行き方まで

HOME > japan > 日本のカジノ動向

-

日本のカジノ動向


casinoschedule001.jpg2014年秋の臨時国会での成立が見込まれる通称「IR法案」(特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案)。今般法案が成立したとして、いつ頃カジノが開業するのでしょう。CIB Japanの見通しでは、2020年の東京オリンピックには到底間に合わず、(早くて)2022年中ごろ~2023年あたりでの開業が最短ではないかと見込んでいます。以下、順を追ってみていきましょう....

LinkIcon詳しくはこちら

「統合型リゾート推進法案(カジノ法案)」が2014年秋の臨時国会で成立する可能性があります。法案成立後、カジノの候補地の選定作業に移っていくわけですが、カジノはどこにできるのでしょうか?現在、日本経済新聞の報道によると、主な候補地として8か所、それ以外にも以下に示した自治体が、カジノ誘致に名乗りを上......

LinkIcon詳しくはこちら

「IR実施法案に関する基本的な考え方」(2013年11月12日採択:国際観光産業振興議員連盟)の中で、カジノを含むIR(統合型観光施設)の類型として、「大都市型」と「地方型」が提案されています。では、それぞれどのようなイメージの観光施設になるのでしょうか?簡単に整理すると、以下のようなイメージになります....

LinkIcon詳しくはこちら

カジノ建設に向けた議論が進展するにつれて、企業のカジノ事業への参入表明、海外のカジノ・オペレーターの動向が頻繁に伝えられるようになってきました。一方で、カジノは企業側だけで成立するわけではありません。行政側には「カジノ管理委員会」等の組織が設立されるし、カジノを研究するアカデミックな組織も存在します。ここでは.....

LinkIcon詳しくはこちら

現在、臨時国会にて審議が進んでいる「IR法案」(特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案)。実際に、どのような法案なのでしょう。また、誰がカジノ建設を主導しているのでしょう。IR議連とIR法案の中身をみていきましょう....

LinkIcon詳しくはこちら

-

ページの先頭へ

-

Social






TOP Topic

日本のカジノ候補地

dp_photo_01.jpg「統合型リゾート推進法案(カジノ法案)」が2014年秋の臨時国会で成立する可能性があります。法案成立後、カジノの候補地の選定作業に移っていくわけですが、カジノはどこにできるのでしょうか?現在、日本経済新聞の報道によると....

LinkIcon詳しくはこちら

カジノ開設までのスケジュール

dp_photo_04.jpg今後の法制化等が順調に推移した場合のカジノ開設までのスケジュールを逆算すると、「2022年~23年にかけての開業」というラインが妥当なところと考えます。その理由を.....

LinkIcon詳しくはこちら

カジノ市場規模

カジノは現在、世界の100以上の国・地域で合法化されています。世界最大のカジノ集積地「マカオ」を擁するアジア太平洋地域.....

LinkIcon詳しくはこちら

ページの先頭へ