カジノ・インフォメーション・ビュロー

日本のカジノ開設に向けた動向から、カジノ市場規模・カジノへの行き方まで

HOME > japan > candicatecity > 東京:カジノ候補地

-

日本のカジノ動向


東京:候補地動向

舛添都知事就任後トーンダウン

東京都の動向

前都知事の石原氏が賛成派であったが、現舛添都知事は慎重なスタンスの東京。フジテレビ・三井不動産・鹿島が共同でリゾート都市構想を国家戦略特区作業部会に提出しており、民間事業者が都知事を説得できるだけの構想を提示できるかどうかが鍵となりそうです。

ページの先頭へ

要人コメント

「カジノは賭博。青少年への悪影響とか色々ある」「カジノがないと日本経済はよみがえれないと言う人がいるが、そんなものなくてもよみがえる」

 -東京都・舛添要一都知事 フジテレビ報道番組にて (朝日新聞 14/08/24

「カジノに慎重な知事の姿勢は固い」

 -東京都幹部 (朝日新聞 14/08/24

「だけど、アフターディナーの楽しみとして、健全な形で、家族で行けるようなカジノって何だろうかと。こういう発想に変えないといけないなというのが今の私の感覚です。」

 -東京都・舛添要一都知事 フジテレビ報道番組にて (どうしても「舛添都知事はカジノ反対」ってことにしたい人達-BLOGOS 14/08/24


朝日新聞の報道を受けて、舛添都知事はカジノに慎重だ、反対派だ、といわれているが、実態としては国会での審議を待ち、その結果をもって民間事業者の提案も受けながら、是々非々で判断するということのようです。

舛添知事のスタンスについては、カジノ研究所の木曽氏もBLOGOSにおいてこのように指摘してします。

勿論、青少年教育への影響や、依存症への懸念を示してはいるのですが、上記番組内での発言において舛添知事はカジノそのものを否定しては居ないですよね。むしろ、東京の「夜の経済」の振興の必要性は明確に述べられていて、その振興としてのカジノ導入へと発想を変えるべきという主張です。

 -カジノ研究所・木曽氏 (どうしても「舛添都知事はカジノ反対」ってことにしたい人達-BLOGOS 14/08/24


ページの先頭へ

-

-

Social






TOP Topic

日本のカジノ候補地

dp_photo_01.jpg「統合型リゾート推進法案(カジノ法案)」が2014年秋の臨時国会で成立する可能性があります。法案成立後、カジノの候補地の選定作業に移っていくわけですが、カジノはどこにできるのでしょうか?現在、日本経済新聞の報道によると....

LinkIcon詳しくはこちら

カジノ開設までのスケジュール

dp_photo_04.jpg今後の法制化等が順調に推移した場合のカジノ開設までのスケジュールを逆算すると、「2022年~23年にかけての開業」というラインが妥当なところと考えます。その理由を.....

LinkIcon詳しくはこちら

カジノ市場規模

カジノは現在、世界の100以上の国・地域で合法化されています。世界最大のカジノ集積地「マカオ」を擁するアジア太平洋地域.....

LinkIcon詳しくはこちら

ページの先頭へ