カジノ・インフォメーション・ビュロー

日本のカジノ開設に向けた動向から、カジノ市場規模・カジノへの行き方まで

HOME > japan > candicatecity > 北海道:カジノ候補地

-

日本のカジノ動向


北海道:候補地動向

苦戦伝えられるも道として前向き

北海道の動向

小樽市・釧路市・苫小牧市が北海道と協力して誘致活動を展開。苦戦が伝えられるも、道・3市は北海道の自然を生かした「北海道型カジノ」構想の策定を進め、巻き返しを狙っています。


要人コメント

「シンガポールのような超都会型とは違う、北海道型の構想をわれわれ自身で固めなければいけない」
「旭山動物園の行動型展示というノウハウや馬文化をどうIRに生かすか。朝採りの野菜や水揚げした魚を並べるのもいい」

 -北海道・高橋はるみ知事(北海道新聞 14/08/20

「北海道の『落選』が決まったわけではない。今は国の動向を注視している」「まずは基本方針をつくる作業を進め、国の制度に反映させるよう働きかけたい」

 -道幹部(北海道新聞 14/09/01


「マカオなどの大型カジノを誘致する首都圏と阿寒は違う。アイヌ文化や自然と調和したIRを実現させる」

 -釧路市・蝦名大也市長(北海道新聞 14/09/01


「全然諦めていない。これからが勝負だ」

 -苫小牧商工会議所・藤田博章会頭(北海道新聞 14/09/01


ページの先頭へ

-

LinkIcon前のページへ


|1|2|3|4|5|6|7|8|

-

Social






TOP Topic

日本のカジノ候補地

dp_photo_01.jpg「統合型リゾート推進法案(カジノ法案)」が2014年秋の臨時国会で成立する可能性があります。法案成立後、カジノの候補地の選定作業に移っていくわけですが、カジノはどこにできるのでしょうか?現在、日本経済新聞の報道によると....

LinkIcon詳しくはこちら

カジノ開設までのスケジュール

dp_photo_04.jpg今後の法制化等が順調に推移した場合のカジノ開設までのスケジュールを逆算すると、「2022年~23年にかけての開業」というラインが妥当なところと考えます。その理由を.....

LinkIcon詳しくはこちら

カジノ市場規模

カジノは現在、世界の100以上の国・地域で合法化されています。世界最大のカジノ集積地「マカオ」を擁するアジア太平洋地域.....

LinkIcon詳しくはこちら

ページの先頭へ