大阪府・大阪市は、IRの候補地として、夢洲を軸としたベイエリアとする方針を決定しました。また、府・市の「IR立地準備会議」では、橋下大阪市長が夢洲地区へ乗り入れる鉄道インフラの整備を検討するように担当部局に指示したことをも明らかにされ、大阪にカジノを含むIR建設の機運が高まっています。

 

「IR誘致は国際都市間競争に勝っていくための象徴的な事業。国から与えられるのではなく勝ち取っていきたい」

-大阪市・橋下徹市長 (14/4/22 産経ニュース

「(府を訪問するのは)全部経営のトップだ。本気度というものを感じている」

-大阪府・松井一郎知事 メルコ・クラウン・エンターテインメントやゲンティン・グループ、米ラスベガス・サンズといった海外カジノ事業者の来訪が相次いでいることをうけて(14/05/28 Reuters

「(いずれの事業者も投資額として)5000億円以上の数字をよく言われる」
「投資額は大きければ大きいほどいい」

-大阪府・松井一郎知事(14/04/14 Reuters

「大阪らしいIRを考えないといけない」

-関西経済同友会 斉藤行巨・常任幹事事務局長(14/05/28 Reuters

ただ、一時期は大阪でカジノ運営に名乗りを上げると言われていたUSJ、夏前から大阪市との関係悪化をにおわせる発言が相次いでいます。
有力な候補地である夢洲に隣接した場所でUSJを運営している同社、一体開発ができれば相乗効果があると考えてはいるでしょうが、IRは別の事業者が運営し、お互い競合させたほうがエリアの魅力が高まるという考え方もあり。今後の議論でどう転ぶでしょうか。

「USJがIR参入を計画していると報じられた直後の7月初旬、橋下徹市長はUSJ経営者と信頼関係がない、他の業者にやってもらいたいなどと発言している」

-大阪市観光課長・足立幸彦氏 (14/08/12 Bloomberg

「市とは協力関係にあり、今後も協力していく」「大阪で機会があったら是非参入したい」「われわれは必ずしも特定の1カ所に縛られた企業ではない」

-ユー・エス・ジェイ グレン・ガンペル社長 (14/08/12 Bloomberg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation