北海道は、高橋知事らがシンガポールへ視察へ行くなど行政側の取り組みが先行している印象。民間事業者を巻き込んだ取組が待たれます。

「シンガポールのような超都会型とは違う、北海道型の構想をわれわれ自身で固めなければいけない」 「旭山動物園の行動型展示というノウハウや馬文化をどうIRに生かすか。朝採りの野菜や水揚げした魚を並べるのもいい」

-北海道・高橋はるみ知事 (北海道新聞 14/08/20

「北海道の『落選』が決まったわけではない。今は国の動向を注視している」「まずは基本方針をつくる作業を進め、国の制度に反映させるよう働きかけたい」

-道幹部 (北海道新聞 14/09/01

「マカオなどの大型カジノを誘致する首都圏と阿寒は違う。アイヌ文化や自然と調和したIRを実現させる」

-釧路市・蝦名大也市長 (北海道新聞 14/09/01

「全然諦めていない。これからが勝負だ」

-苫小牧商工会議所・藤田博章会頭 (北海道新聞 14/09/01


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation